3つの種類の有料老人ホームとその特徴

subpage01

有料老人ホームは、高齢者が日常生活に必要なサービスを受けるために民間事業者と契約して入居する施設です。

入居者は、食事の提供や介護、入浴や排泄、掃除や洗濯等の家事や健康管理のいずれかのサービスを提供されています。



有料老人ホームは3つの種類に分かれているので、入居前には各々の特徴をしっかりと理解したうえで、どのホームが良いのか見当することが重要です。



まず、介護付有料ホームですが、こちらは介護が必要な方が対象となります。

介護保険の特定施設入所者生活介護の指定を受けた高齢者が施設常駐のスタッフによって食事だけでなく、入浴や排泄など日常生活全般の介護サービスを受けることができます。


それから住宅型有料ホームがあります。

これは介護が必要な人と不要だという人の両方が対象になります。

食事などのサービスは提供されますが、施設常駐の介護スタッフによる介護サービスはありません。



介護が必要だという人は、訪問介護など外部からの介護サービスを利用してもらうことになります。
最後は健康型有料ホームです。
介護を必要としない自立した高齢者のみが対象となります。身体を動かすためのトレーニングルームや露天風呂など、多くの施設で暮らしを楽しむためのさまざまな充実した設備を設けています。

食事などのサービスは提供されますが、介護サービスは提供されないので、介護が必要になったら退去しなければいけません。


それぞれ内容も入居条件も費用も異なるので、有料老人ホームを検討しているなら、入居前にはできるだけ情報を集めて満足のできるところを選ぶことが大切です。