有料老人ホームで行う医療行為と介護職員に出来ること

subpage01

有料老人ホームは要支援や要介護認定を受けている方が生活をしていく場所です。



24時間体制で介護職員が常駐していて、排泄や入浴などの介護サービス以外にも掃除や洗濯などの身の回りの生活もサポートしてくれるので、多くの有料老人ホームがまさに家庭にいるような環境となっています。
日中は介護職員と看護師がいるので、毎日の健康管理も安心です。


しかし、有料老人ホームに入居している方の多くが疾病を抱えていたり、日常的に医療処置や管理などが必要な状態にあります。

これは基本的には看護師が行う行為で、喀痰吸引や経管栄養、導尿やインシュリン注射、摘便や点滴の抜針などが挙げられます。



その他、褥瘡部分の処置やガーゼ交換なども医療行為となります。

爪切りは介護職員が出来ることですが、専門的管理が必要でない場合のみ医療行為ではないとされます。耳垢の除去に関しては、外耳までなら介護職員でも支援出来る範囲ですが、外耳塞栓の場合は医療行為となります。


体温測定は電子体温計や水銀体温計で、血圧測定は自動血圧測定器でのみが介護職員が出来るバイタルチェックです。


その他は、パルスオキシメーターの使用、浣腸やネブライザーの介助、点眼や軽い傷の処置であれば医療行為ではないとされています。


服薬に関しては、一包化されいるものの服薬介助は介護職員でも出来ますが、専門的な配慮が必要だとか連続的な経過観察が必要な場合は看護師にお任せするしかありません。一般的に家庭では行われていることでも仕事となると安全性が問われるので、十分な配慮が必要となってきます。